スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
実家の犬たち(タンタン編 Part2)

タンタンの近況


破壊王だったタンタンも、今年は13才になります。

1年ぐらい前までは、さんぽでわんちゃんに会うと子犬のようにはしゃいでいたので
「まだ若いんですか?何才ですか?」とよく聞かれていましたが
半年ぐらい前から、急に年をとってきたように感じます。

腰痛から腰を丸めたり、フセの姿勢から立ち上がるのが困難な時があります。

動き辛そうなタンタンの姿を見ると
「あー、年をとったんだなー」と感慨深いものを感じます。

でも、さすが「歩く胃袋」と言われるラブラドール!
食欲は一向に落ちません。

犬用ベッドラブラドール,手作りベッド

お気に入りだった高い椅子は腰痛の原因になっているかもしれないので
代わりに父と母が低反発クッション付の低めのベッドを合作しました。
(犬バカですね(笑))

最初は高い椅子に登れず、やや不満そうでしたが
お手製ベッドもそのうちに気に入ってきました。
痛み止めやサプリメントも併用しつつですが、腰痛も少し良くなってきたようです。

成犬になるころには、おしっこは散歩でしかしなくなったので
4年前に住みかえた実家の床は今のところ無事です。

破壊に関しては、ソファーなどの大物については治まりましたが
小物(床敷の端を噛んだり)については、まだまだ細々と活動を続けているようです。

散歩の「要求」吠えは相変わらずどころか、さらにエスカレートしています。
やや痴呆がでてきたのか(ふりをしているのか?)
午後2時ぐらいにそわそわしだし、「要求」することもあります。

調子のいい時は散歩でもよく歩きます。
特に旅行先や、めったに行かない公園に行くと興奮するようです。
病院に遊びに来た時には、ついでに三ツ池公園で散歩をするのですが
ぐいぐいリードを引っ張り、ノリノリで先頭を切って歩きます。
やや年老いたイエローのラブラドールが、ノリノリで歩いているのを見かけたら
ぜひ声をかけて下さい!

南アルプス,ラブラドール不動滝,長野県高森町
南アルプスにて                  不動滝にて

無理はせず、のんびり、大好きなごはんがいつまでも食べられるように
長生きしてね、タンタン!

※病院だよりバックナンバーをお読みになりたい方はこちら

page top
| トップページ| ごあいさつ| 診察時間| トリミング| ペットホテル| 病院案内| スタッフ紹介| アクセス|

|お問い合わせ| リンク| 病院だより| 採用情報| 個人情報保護方針| 動物取扱業について|