スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
我が家の動物(のん太編)

ワシゃは、のん太と申します。

ポインター,のん太,動物病院

本名はパンターというらしいのですが、いつの頃からか「のん太」と呼ばれとります。
今年の7月で14才になるそうですわぁ。


昔はヒトのお医者さんの元で暮らし、猟犬としてフィールドで鳥を見つけてはポーズをとり、それはもう・・・「かっこいい!!(*^_^*)」と皆に見惚れられたものでしたわ。


猟犬を引退し、今の副院長の家に来て8~9年になりますが、もっぱら番犬として勤めとります。


前庭疾患というやつとか肥満細胞腫の手術とかいろいろ乗り越え、今も関節痛や心臓病を抱えながらも頑張っとります。


最近は足腰が弱くなり、トイレに間に合わんこともあり、紙オムツとかもさせられとりますが・・・あまり他人には見られとうはないなぁ~


それに、たまに今何処にいるのか、傍にいるのは誰なのか?分からんようになってしまうこともある・・・

ワシを可愛がってくれとる人だとは分かるんじゃが~


でも、家のお母さんは「自分の母親もそうじゃった!」と慣れておるらしい・・・


お母さんが動物病院に来る時には一緒に出勤するが、お母さんはそれが夢だったらしい・・・


夢を一つ叶えてあげられたのも、ワシが長生きしてるお蔭だなぁ。

ポインター,のん太,動物病院

        代筆  のん太の母 喜美江

※病院だよりバックナンバーをお読みになりたい方はこちら

page top
| トップページ| ごあいさつ| 診察時間| トリミング| ペットホテル| 病院案内| スタッフ紹介| アクセス|

|お問い合わせ| リンク| 病院だより| 採用情報| 個人情報保護方針| 動物取扱業について|