スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
石巻に行ってきました。

石巻動物救護センターへ行ってきました。

先月の19日(火)に休みを利用して、石巻動物救護センターへ行ってきました。

石巻動物救護センターでは、今回の震災で被災した動物達の保護受け入れや、避難所生活などで飼育が困難な動物の受け入れを行い、石巻市にあるシェルターにて動物の飼育、治療を行っています。

今回、仙台市のアレックス動物病院の鈴木先生の助けをお借りして、石巻市にあるシェルターへのボランティア活動を行ってきました。

鈴木先生は東北被災動物保護活動~動物病院版~という会を立ち上げて、福島警戒区域内の動物保護も行っていらっしゃる先生です。


一緒に参加した魚住先生と:魚住先生は北海道から参加してくれました。

仙台市内にあるアレックス動物病院から、石巻動物救護センターまで車で送ってもらいました。

だいぶ道路などは復旧し、物流は回復しつつあるものの、沿岸部に近付くと渋滞がひどくなり、普段1時間程で行ける工程を2,3時間かけていかなくてはならない状態でした。

朝9時頃に石巻動物救護センターへ到着


動物救護センター

ボランティアの手続きを済ませ、診療にあたりました。

センターには、7月現在で犬猫合わせて100頭ちかくの動物がおり、市民ボランティア、動物病院から派遣された獣医師、動物看護師によって、動物達の飼育、治療などが行われていました。

私は、主に猫を診療させていただきましたが、数十頭の猫を1日で診療したのは今回が初めてでした。

当日は獣医師、ボランティアともに比較的人数が多かったとのことでまだ楽な方だったらしいのですが、昼休憩をはさんで朝から夕方まで作業に追われている状態でした。

現地のボランティアさんたちはこれを毎日行っているのかと思うと、頭が下がる想いでした。


犬舎:わんちゃんたちは、朝晩2回の散歩をボランティアさんがしてくれていました。

どうぶつ家族の会から提供されたコンテナ

施設の状態は徐々に良くなっているとのことでしたが、未だに水道が整備されておらず、水を外から汲んで来て使っている状態で、その作業だけでも大変そうでした。




あっという間に夕方になり、センターでのボランティア活動を終えた我々は、その足で沿岸部を見させてもらいました。


街中の地盤沈下:沿岸部に近づくと、そこかしこでこのような光景を見かけました。

沿岸部の光景:高台から見下ろすと、ほとんどの家が流されていました。

沿岸部のアパート:一階部分はほとんどなくなっており、未だ手付かずの状態でした。

大きな製紙工場あと:工場は骨組みだけを残してほとんどが壊滅していました。

電信柱:なぎ倒され、折れていました。

テレビで見る光景が目の前にあり、手つかずのアパートや工場をみると、津波の恐ろしさを改めて実感しました。

見たことはないのですが、戦争が起きた後のような、そんな、ある種現実感のない光景が広がっていました。




今回は、たった1日だけのボランティア活動でした。

1日だけではできることも限られていて、ほとんどお役に立つことはできなかったと思いますが、私自身、貴重な経験をさせていただいたと感謝しています。

現地のボランティアさんはこの1日を震災後からずっと続けてきてくださり、そのおかげで、被災動物や飼い主さん達の心が救われているんだと感じました。

これから夏本番になり、暑い日々が続きますが、お世話になった先生方、スタッフやボランティアの方々には、 くれぐれも無理をしないようにがんばってもらいたいです。

また機会があったら、現地に足を運んでみようと思います。

※石巻動物救護センターでは動物達の飼育・管理を手伝っていただけるボランティアを随時募集しています。夏休みを利用してボランティアをしたいというかたは、石巻動物救護センターのHPより申し込んでみて下さい。


※病院だよりバックナンバーをお読みになりたい方はこちら

スポンサーサイト
page top
福島警戒区域内の動物たちについて

福島県警戒区域内の動物たちについて

今回の震災ではいまだ多くの動物達が避難生活などを余儀なくされています。

特に福島県第一原発付近の警戒区域内には現在も多くの動物たちが取り残されています。

犬の狂犬病登録数だけでも千頭以上、牛や豚などの家畜に関しては数万頭の動物たちが取り残されたと考えられ、特に家畜に関しては相当数が餓死していると考えられています。

これらの事情から、野生化した動物たちによる安全面や、衛生面での問題が深刻化してきています。


そんな中、こういった問題に対し震災直後から、東北地方の動物病院を中心とした保護団体の支援活動が行われきました。

東北被災動物病院ネットワーク

東北被災動物病院ネットワークでは、警戒区域内おいて動物保護を行っている各保護団体と連絡を取り合い、捕獲動物を福島県内の動物病院へ搬送するとともに、放射線測定、除染を行い、ホストファミリーの募集、マッチングを全てボランティアで行っています。

同じ獣医師として頭が下がる思いです。


こういった活動と関連し、震災後多くの獣医師の先生方が警戒区域内の動物の保護、移動を訴えてきました。
なかなか思うように進展しなかったのですが、ついに先月より環境省の要請によるペットの保護活動が開始されました!

福島県警戒区域内動物救援獣医師チーム

福島県警戒杭域内動物救援獣医師チームは、緊急災害時動物救援本部および福島県獣医師会、各都道府県獣医師有志で構成され、福島県警戒区域内における家畜、ペットに対し、以下の処置を行うことを目的として設立されました。

  • 救援・保護・収容・適切な医療処置
  • 放射能汚染のスクリ-ニング
  • 飼い主または里親の捜索
  • 環境試料中の放射性物質、空間線量率の測定およびこれら活動の円滑な実行

この活動により、より多くの動物たちが救われることを願っています。


なお、病院では今までの募金を一旦終了させ、上記2つの活動を支援する義援金の募集を始めます。

リンク先を見て、活動に理解していただける方は、義援金の募金をよろしくお願いします。


クレスト動物病院 院長 三村竜明


※病院だよりバックナンバーをお読みになりたい方はこちら

page top
義援金の集計報告

義援金の集計報告

今回、当院で行った動物支援義援金を
7月14日(木)に中間集計を行い、
全額振込みをさせていただきました。


集計額:4,443円

総計額:35,293円


みなさまに頂いた募金は横浜市獣医師会、日本獣医師会を通し、
被災動物の救護および被災獣医師の支援に大切に使わせていただきます。


ご支援を頂き、本当にありがとうございます。

なお、今回の集計で獣医師会経由の募金を終了させていただきます。
ご協力頂き、ありがとうございました。


クレスト動物病院 院長 三村竜明


※病院だよりバックナンバーをお読みになりたい方はこちら

page top
歯石除去

歯石除去

先日、実家(正確には妻の実家)のわんこ(ポポタン)の歯石除去をしました。

ポポタンは数年前まで飼っていた飼い主さんが亡くなってしまったため、実家で引き取ることになったわんこです。そのため、家に来た当初から歯周病でした。

最近、歯磨きをしていても口臭がひどくなってきたので麻酔をかけて歯石除去をしました。

歯石除去,犬

手術前のポポタン 少し緊張している様子


口の中は歯石が大量についていました


歯石が取れ、綺麗になりました。 この後、歯肉炎を起こさないように歯周ポケットへ薬を注入しました


麻酔からさめたポポタンです。 30分ほどで歩き回っていました

これからポポタンはおうちで歯磨きをしながら、歯周病予防をしていきます

お疲れ様、ポポタン!

クレスト動物病院 院長 三村竜明


※病院だよりバックナンバーをお読みになりたい方はこちら

page top
チャリティーイベント、院長不在のお知らせ

どうぶつ家族の会 震災チャリティー大集会のお知らせ


動物医療の専門医の先生たちが立ち上げた「どうぶつ家族の会」によるチャリティー集会が7月2日(土)に行われます。

獣医師だけでなく、一般の方も講座を受けることができ、ソフトバンクの「お父さん」もゲストで参加する予定とのことです

当日は、震災から今までの動物たちに対して行われてきた活動や、現状の報告や、専門医による相談コーナー、チャリティーグッズの販売などが行われる予定になっています。

ご興味のある方は、下記URLからアクセスしてみてください

動物家族の会
 震災チャリティープロジェクト


※今回、私もお休みを頂いて、集会に参加させていただき、今できることを考えさせていただく予定です。
そのため、7月2日(土)は院長不在となります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

 尚、病院は通常通り診療をしています。


※病院だよりバックナンバーをお読みになりたい方はこちら

page top
| トップページ| ごあいさつ| 診察時間| トリミング| ペットホテル| 病院案内| スタッフ紹介| アクセス|

|お問い合わせ| リンク| 病院だより| 採用情報| 個人情報保護方針| 動物取扱業について|